今年もやってきた《音猫ツバメ》

0

     

     渡り鳥として知られているツバメは、日本が冬の間は南国で過ごし、台湾

    フィリピンなどで冬を越した後、春になると日本に戻ってきます。

     

     

     日本から台湾、フィリピンまで……といってもその距離は2000〜3000

    ほども離れています。あの小さな体で、遙か彼方までたどり着く身体能力は、

    まさに驚異的といっていいでしょう。

     

     

     
    「幸せをもたらす」ともいわれるツバメですが、環境の変化によってその数も

    年々少なくなってきています。田畑での農薬の使用、住宅の変化など人間の暮

    らしが変わっていくとともに、少しずつツバメの暮らしも不自由に……。

     

     

     

     そんな中、今年も音猫へツバメがやって来ました。今年で何と4年連続です。

    初めてやってきた時は何も解らず見守っていたのですが、孵化して喜んでいた

    のもつかの間、忽然と姿を消しました。

     

     

     

     翌年は色んな対策を施し無事に巣立つことが出来ましが、翌々年は失敗。過去

    1勝2敗の巣立ちの成績です。今年もこうして孵化まではたどり着きました。

     

     

     

     

     私が現在療養中の為、連れ合いと地元の方と一緒に巣立ちまで色んな対策

    を施しながら見守ってくれています。今年は無事に巣立ちが出来ますように。

     


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    jet全日本エレクトーン指導者協会
    jet全日本エレクトーン指導者協会

    YAMAHA株式会社
    YAMAHA株式会社

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    mobile

    qrcode